本文へスキップ

公益財団法人総合工学振興財団
Foundation for Interaction in Science & Technology,Japan


  平成25年度事業報告書

平成30年度事業報告書 

1. 事業の期間
   平成30年4月1日から平成31年3月31日までとする。
2. 事業方針
    理工学のみならず、医・薬・農、更には、法律、経済、歴史など文系分野をも
   包含する様々な学際的、業際的分野を網羅した総合工学的な科学・技術・文化の
   発展を目指す。
3. 事業の内容と取り組みについて
    総合工学的な観点に立って、社会・環境に貢献する創造的、かつ調和のとれた
    科学・技術・文化の発展を目指し、事業方針に基づく研究助成事業と人材育成事業
    を実施する。
    具体的には、研究奨励助成、科学技術の普及・啓発活動助成、国際研究交流助成等
    の助成事業と公開セミナー、国際シンポジウム、編纂・出版助成等の人材育成事業
    を行う。
4. 事業活動収入:17,532千円(対前年2,044千円減)
  (1) 経常収益:3,532千円(対前年1044千円減)
      ① 研究助成・人材育成特定資産運用収入:726千円(対前年同額)
      ② 管理運営特定資産運用収入:0千円
      ③ 賛助会費収入:1,800千円(対前年1,050千円減)
      ④ 寄付金収入:1,000千円(対前年同額)
 (2) 研究助成取崩:14,000千円(対前年1,000千円減)
5. 公益目的事業費用:11,027千円(対前年189千円増)
 (1) 研究奨励助成: 4,900千円(対前年700千円減)
     ① 募集期間:平成30年2月1日~3月31日  
     ② 募集方法:財団ホームページで公開 応募者数:16名
     ③ 選考方法:平成30年4月4日~4月15日の間に選考委員が研究奨励金交付申請書
        を審査し評価表の集計結果に基づき出席選考委員が審議し決定。
     ④ 結果:審議の結果、6名を採択(@700千円×6件)
     ⑤ 追加選考:女性研究者支援、及びグローバル化対応の観点で1名追加採択
       (@700千円×1件)。
     ⑥ 採択書発行:平成30年6月5日、交付完了 :平成30年9月4日 
 (2) 科学技術の普及・啓発活動助成: 600千円(対前年200千円増)
     ① 募集期間:平成30年2月1日~3月31日ホームページで応募者数:3件
     ② 選考:選考委員会で審議3名を採択(@200千円×3件)。
     ③ 採択書発行:平成30年6月5日、交付完了 :平成30年9月4日
 (3) 国際研究交流助成:2,104千円(対前年1,104千円増)
     ① 世界水素技術会議(WHTC)2019 :2,000千円
     ② エコバランス国際会議2018 :104千円
 (4) 研究助成推進費:160千円(対前年18千円増)
    選考委員会費用132千円、理事会・評議員会検討会議28千円。
( 5) 公開講座開催:600千円(対前年同額)
     国立研究開発法人 物質・材料研究機構が開催する公開セミナーに協賛。
 (6) 国際シンポジウム開催:2,295千円 (対前年210千円減)  
     ① ICPACランカウイ2018:954千円 
     ② マレーシア化学会議準備(ボルネオ島):233千円
     ③ ミャンマー国際会議準備(ヤンゴン):358千円
     ④ 国際シンポジウIMPRES2019準備:500千円 
     ⑤ アジア化工会議協賛金:250千円
 (7) 編纂・出版助成:0円(対前年300千円減)
 (8) 人材育成推進費:368千円(対前年77千円増)
   監事監査経費82千円、会計ソフト管理費用43千円、セキュリティ更新15千円、
   事業計画打合28千円、運営会議日当交通費等(4回)200千円
6. 公益目的管理費用:6,540千円(対前年232千円減)
7. 管理運営費用:344千円(対前年12千円減)
8. 事業活動支出合計:17,911千円(対前年56千円減)
                                                                          以上

公益財団法人総合工学振興財団

〒113-0033
東京都文京区本郷二丁目17番5号 ツイン壱岐坂1102号

TEL      03-3816-0126
FAX      03-3816-6066
E-mail   sokozaidan@fist.or.jp
URL   http://www.fist.or.jp