本文へスキップ

公益財団法人総合工学振興財団
Foundation for Interaction in Science & Technology,Japan


  平成25年度事業報告書

2020令和2年度事業報告書 

1.事業の期間
  2020年4月1日から2021年3月31日までとする。
2.事業方針
  理工学のみならず、医・薬・農、更には、法律、経済、歴史など文系分野をも
  包含する様々な学際的、業際的分野を網羅した総合工学的な科学・技術・文化の
  発展を目指す。                              
3.事業の内容と取り組みについて                          
    総合工学的な観点に立って、社会・環境に貢献する創造的、かつ調和のとれた
  科学・技術・文化の発展を目指し、事業方針に基づく研究助成事業と人材育成
  事業を実施する。
  具体的には、研究奨励助成、科学技術の普及・啓発活動助成、国際研究交流
  助成等の助成事業と公開セミナー、国際シンポジウム、編纂・出版助成等の
  人材育成事業を行う。
    しかし、コロナ禍により理事会・評議員会等の会議はWEB会議方式で実施し、
  計画していた各種事業は助成先の開催延期、若しくは保留等により実施出来ない
    ものが多発した。
4. 事業活動
  (1) 事業活動収入:13,455千円(対前年△3,619千円)
        ① 研究助成・人材育成特定資産運用収入:632千円(対前年△152千円)
       ② 管理運営特定資産運用収入:0千円
        ③ 賛助会費収入:1,800千円(対前年△450千円)
      ④ 寄付金収入:1,020千円(対前年△20千円)
        ⑤ 普通預金利息:0.1千円(対前年△0.2千円) 
        ⑥ 研究助成取崩収入:10,000千円(対前年△2,997千円)
 (2) 事業活動支出: 11,429千円(対前年△5,831千円)
  1)公益目的事業費用:4,948千円(対前年△5,300千円)
    ① 研究奨励助成: 4,200千円(対前年通り)
       募集期間:2020年2月1日~3月31日  
       募集方法:財団ホームページで公開募集  応募者数:11名
       選考方法:各選考委員が応募論文を審査し、集計結果に基づき
             WEB会議にて審議。
       選考結果:6名(@70万円)を採択。交付完了:2020年9月7日 
       ② 科学技術の普及・啓発活動助成: コロナ禍で実施出来ず
       ③ 国際研究交流助成: コロナ禍で実施出来ず
       ④ 研究助成推進費:411千円(対前年154千円)
       ⑤ 公開講座開催:コロナ禍で実施出来ず
       ⑥ 国際シンポジウム開催:コロナ禍で実施出来ず
            第1回セミナー&報告発表会「医療の現場から、
                                            創薬の現場からの報告」共催予定 
       ⑦ 編纂・出版助成: コロナ禍で実施出来ず )
       ⑧ 人材育成推進費:338千円(対前年28千円)
  2) 公益目的管理費用:6,157千円(対前年△505千円)
  3) 管理運営費用:324千円(対前年△27千円)
  4) 事業活動収支差額:2,026千円(対前年2,212円)

                                                                        以上

公益財団法人総合工学振興財団

〒113-0033
東京都文京区本郷二丁目17番5号 ツイン壱岐坂1102号

TEL      03-3816-0126
FAX      03-3816-6066
E-mail   sokozaidan@fist.or.jp
URL   http://www.fist.or.jp