本文へスキップ

公益財団法人総合工学振興財団
 Foundation for Interaction in Science & Technology,Japan



  プロフィール
哀悼の言葉
   
 2010年にノーベル化学賞を受賞された根岸英一先生が6月6日にお亡くなりになりました。
85歳でした。ここに謹んでお悔やみ申し上げます。

公益財団法人総合工学振興財団は、根岸英一先生がノーベル賞を受賞される前、根岸先生の業績を広く世界の方々に知っていただこうと、数年に渡って支援活動を行いました。

ノーベル賞受賞後根岸先生は当財団を訪問されて、支援活動に謝意を述べられました。
    
その後当財団の理事、特別顧問になられ、今日に至っていました。

化学の分野において、2つの異なった分子を結合させることは基本的な反応ですが、
いくつかの特定の分子の組み合わせの場合にはうまくいきますが、多くの場合なかなか
簡単ではありませんでした。

そういう状況において、
根岸英一先生はパラジウム触媒を用いたクロスカップリング反応を開発されました。

この新しい概念による方法により、最終的にほとんどの異なった分子の組み合わせで簡便に
結合させることができるようになり、「化学の分野に革命を起こした」と評価され、
ノーベル賞が授与されました。

ノーベル賞受賞後、根っからの研究者である根岸英一先生は、さらに新しいテーマに
チャレンジされていきました。

非常に難しいとされていて成功例がほとんど無い「単純オレフィンの不斉反応」に
チャレンジされ、ジルコニウム触媒を用いたカルボアルミ化反応を用いて、この問題を
解決させました。

「2個目のノーベル賞が来るかも」と期待していたところでお亡くなりになったのは
大変残念に思います。

ご冥福をお祈りします。

                                                           公益財団法人総合工学振興財団理事 高橋 保

公益財団法人総合工学振興財団

〒113-0033
東京都文京区本郷二丁目17番5号 ツイン壱岐坂1102号

TEL      03-3816-0126
FAX      03-3816-6066
E-mail   sokozaidan@fist.or.jp
URL   http://www.fist.or.jp